鏡リュウジ公式サイト BETWEEN THE WORLDS

上なるモノは下なるモノのごとく、下なるモノは上なるモノのごとく。

鏡リュウジが手がけた著作の数々
  • 占星術夜話
    説話社
    鏡リュウジ
    本書は学研『ムー』で連載されていた、「占星術夜話」と「占星術秘話」に加筆・訂正を加えて1冊にまとめあげたものです。
    本書のタイトルにもある占星術ををはじめとして、心理学、タロット、ハーブ、宗教、絵画、ワインの話もちりばめられた、60話の星をめぐる物語です。読みやすくて、ぐいぐいと読者をつかんで離さないその文章の力強さは、翻訳者として、また、西洋占星術の研究家として名を馳せる著者ならではの博覧強記の芸といえます。
    本書で紹介する1話1話に、著者の占星術に対する熱い想いが込められていることを感じていただけるでしょう。
  • 神託のタロット: ギリシアの神々が深層心理を映し出す
    原書房
    リズ グリーン (著), ジュリエット シャーマン=バーク (著), Liz Greene (原著), Juliet Sharman‐Burke (原著), Tricia Newell (原著), 鏡 リュウジ (翻訳), トリシア ニューウェル
    欧米で有名なロングセラーのタロットと解説書の日本版が鏡リュウジ翻訳でついに登場!
  • プトレマイオス式 星座オラクルカード: 星の神々が告げる未来のメッセージ
    河出書房新社
    鏡リュウジ
    本邦初、待望の星座カードが登場!

    古代より語り継がれた星の言葉が、あなたを輝く未来へと導く。
    カードのシンプルさと、星のメッセージの深遠さがひとつに。
    オリジナルカード48枚付き。


  • 『タロッカ TaRocca』 [単行本]
    美術出版社
    鏡リュウジ、柿木原政広、トゥルーリ・オカモチェク(著)
    『タロッカ TaRocca』は、タロットと、ゲーム「ロッカ」ができる、78枚のカードがついた書籍です。タロットは、鏡リュウジ監修で、TaRoccaの特徴の六角形の形状をいかして伝統的なタロット占いをふまえつつも、初心者でもすぐにできる占いです。ゲームは、いろいろな媒体でとりあげられつつある「ロッカ」ができます。全国各地で開催しているロッカ大会では、プレイ中に、エッシャーの絵のように、平面なのに、立体的なビジュアルが生まれ、視覚的にも楽しめるユニークなゲームになっています。
  • 『タロットワークブック あなたの運命を変える12の方法』 [単行本]
    朝日新聞出版
    現代タロット研究会 (著), メアリー・K・グリーア (著), 鏡リュウジ (監修, 翻訳)
    タロットの歴史に革命を起こし、欧米でベストセラーとなったタロット独習テキストのモダン・クラシック、遂に完訳紹介!
    一組のタロットカードとペン、そして本書に凝縮された多彩なエクセサイズによって「幸運の輪を回す」能動的なタロット・ワークと自己変容の旅が始まる。
    西洋秘教伝統、ユング心理学、モダン・スピリチュアリティの精髄を統合し「占い」を超えた「魔法」のツールとしてのタロット独習コース、日本上陸!
  • 『世界史と西洋占星術』 [単行本]
    柏書房
    ニコラス キャンピオン (著), Nicholas Campion (原著), 鏡 リュウジ (翻訳),宇佐 和通 (翻訳), 水野 友美子 (翻訳)
    占星術はどのようにして生まれ、社会に存在し、連綿と続いてきたのか。哲学的、社会的、歴史的に検証する決定版。
  • 『ユング・タロット』[単行本]
    説話社
    マギー・ハイド (著), 鏡リュウジ (著), ナカニシカオリ (イラスト)
    携帯サイトで評判の「ユング・タロット」が待望の書籍化!
    「誰にも言えなかった心のうちを、なぜか見透かされる……」と評判の占いカード「ユング・タロット」。
    「ユング・タロット」とは、英国占星術会の重鎮マギー・ハイド先生と、鏡リュウジ先生が、共同で制作したまったく新しいタロットカードで、心理学者ユングが説く「アーキタイプ(元型)」を、22枚の「カード」という形に落とし込んだものです。
    初本邦となる本書で、『ユング・タロット』の世界を、存分に味わいつくしてください。
  • 『月世界大全 新装版』 [単行本]
    青土社
    ダイアナ・ブルートン (著), 鏡リュウジ (翻訳)
    月のロマンと月の科学。
    太古の神話、フォークロア、美術、考古学などから、最新の宇宙科学にいたるまで、月のロマンと月の科学を厖大な資料と図版であますところなく描き出した、日本で初めての月のエンサイクロペディア。
    待望の新装版! !
  • 『占星医術とハーブ学の世界』 [単行本]
    原書房
    グレアム トービン (著), Graeme Tobyn (原著), 鏡 リュウジ (翻訳), 上原 ゆうこ (翻訳)
    17世紀英国でハーブによる自然医術を打ち立てた在野の学者ニコラス・カルペパー。
    医学から占星学まで多岐に亘るその業績は現代の代替医療や占星術研究で注目されている。
    概論から実際の治療法までを解説した名著、ついに邦訳。
  • 『占星学 新版』 [単行本]
    青土社
    リズ・グリーン (著), 岡本翔子+鏡リュウジ (翻訳)
    占星学が古代から受けついだ象徴体系は、ユング心理学が基礎づけた、人類の深層意識によこたわる元型のブループリントでもあった。
    人の生は、深層の布置された、内なるものの投企である。
    意識と無意識が出会う人間関係に、自己発見の場をさぐる、現代占星術の新しい地平。
鏡リュウジ占星術

鏡リュウジ占星術TOP
鏡リュウジ占星術公式スマートフォンサイト
鏡リュウジiPhoneアプリ
鏡リュウジ占星術携帯サイト


鏡リュウジ夜間飛行