鏡リュウジ公式サイト BETWEEN THE WORLDS

上なるモノは下なるモノのごとく、下なるモノは上なるモノのごとく。



「オカルト」とは
そもそも「隠されたもの」という意味のラテン語。本コーナーでは、鏡リュウジが気になる「オカルト」的なことをお題に選んで掘り下げていきます。

オカ研File No.18 6月26日、木星が双子座から蟹座へ 2
2013/6/18

◇前回の蟹座木星の時は?


ナショナリズムというと、前回の蟹座木星はちょうど2001年から2002年にかけてなんだよね。ちょうど9.11があった時で、結果、アメリカでは愛国心がすごく高まった時期。日本も小泉政権の時代だね。安倍副総理だ。


この年の世相をキーワードで見ていくと、なんと「DV(ドメスティック・バイオレンス)」という言葉が日本で初めて注目された年でもあるんですよ。これもマイナス面だけど蟹座っぽいですね。


まさに!


近親者による暴力の裏には、共依存的構造によって被害者が泣き寝入りする傾向がありますね。これを国家レベルで言うと…。いずれにせよ、同じ年(2001年)にDV防止法も施行されていますが、こうした問題へどう対策していくかというのも蟹座木星の動きの一つなのかも知れません。

◇蟹座木星の象徴は「あまちゃん」!?

それから毎年、木星とNHKの大河ドラマの関係性を主張していた僕ですが、今年からは朝の連ドラとの関係性を主張します(笑)

視聴率も好調の「あまちゃん」は非常に蟹座っぽいんですよ!調べたら脚本のクドカンも主演の能年玲奈ちゃんもなんと蟹座。東京から母親の実家の岩手、つまりローカルに帰って海女になるという設定ですし、ぴったり。それに海女の後継者がいないからそれを引き継ぐというのも、先ほどの過去と結びつくという話と重なってものすごい蟹座的です。


へ=、そうなんだ! 海が舞台ならまさに蟹座だし、支配星は月だから女性で女神だしね。


あと蟹座ってあまりお洒落じゃないイメージですよね(笑)ちょっとダサくて泥臭いイメージもあまちゃん、ぴったりなんですよ。でもそれが可愛く魅力的に感じさせてしまうところに、木星とその年を代表するドラマの相関性があるのかなと改めて実感しています。


まさにクドカンさんは、雰囲気も気取らない感じの蟹座的なムードだしね。注目!

◇木星蟹座の見解あれこれ
 
あ、こんな最後にきてだけど、いちおう、教科書風にこれまでの占星術の研究家が木星蟹座の意味をどんなふうに書いてきたか、ほんのちょこっとまとめておきましょう。

これから新しく生まれる人にはこんな傾向があるかもね。いや、今年後半、木星が蟹座に入ってから生れてくる事柄にもあてはめられるかも。あるいはみなさんのなかで木星が蟹座に入っている人がいたら、ぜひ参考にしてみてください。

☆マーガレット・ホーン(現代占星術の母)1951年
自己表現は親切で保護的、共感的。あるいは情緒的な絆で守られた自己を過剰に守ろうとする。

☆エヴァンジェリン・アダムスとアレイスター・クロウリー(20世紀アメリカ占星術のスターと高名な魔術師)1927年
木星は蟹座において高揚の座にあり、歓びについてのすべての徴(しるし)となる。この惑星の「ジョバイルな(木星的、つまり陽気な)性質が真に引き出されるのは当然だとみてよい。まさしくそのとおりで、この生まれの人はよい気質をもち、善良で博愛主義的(ヒューマン)である。情緒的で想像力も強い。しかし、その傾向は偉人より、より私的生活を大切にしている人に強く見られる。

☆サコイアンとアッカー 1973年 
通常、よき家族背景を意味する。物質的豊かさであるとはかぎらないが、幼いころに親切さや寛大さ、宗教的、倫理的によい英虚を受けられる環境、両親。のちにこれがこの人の自己表現に影響するようになる。

☆イザベル・ヒッキー 1970年
育み、世話をする蟹座の性質を拡大する。その善き性質から多くの益を得る。性格はフレンドリーで社交的。公の場でよく働く。体重の問題があることも。中年になるまでその可能性のすべてを発揮しない。物質的成功は約束されている。もし木星が傷ついていると金銭にたいして心配し過ぎで吝嗇(りんしょく)になる。

☆リズ・グリーン 1994年
木星が蟹座ある人は、自分の信念(faith)をパートナー、家族、共同体、そして国家にたいしての信頼によって刷新していくことになる。他者のこころと新たに触れあることで希望やインスピレーションが引き出される。過去を探究すること…個人的なものであれ、歴史的なものであれ…連続性や自信の感覚を生み出し、共同体の益に供することがさらに深いスピリチュアルな源につながっているという感覚を与える。

ー 他コンテンツ紹介 ー

シュガー プロフィール

Sugar(シュガー)
1983年生まれ。サラリーマンを経て、占い師。現在、個人鑑定・講座・執筆活動中。
鏡リュウジとの最初の出会いは、「ユリイカ」に掲載されていたシュタイナー研究で著名な美学者・高橋巌氏へのインタビュー。この時に覚えた違和感が、占星術へハマるきっかけに。慶応大哲学科卒。男性占い師ユニットNOTFORSALEメンバー。

●特技はどこでもすぐ寝ること
●ソウルフードは中本の冷やし味噌ラーメン

鏡リュウジ占星術

鏡リュウジ占星術TOP
鏡リュウジ占星術公式スマートフォンサイト
鏡リュウジiPhoneアプリ
鏡リュウジ占星術携帯サイト


鏡リュウジ夜間飛行