鏡リュウジ公式サイト BETWEEN THE WORLDS

上なるモノは下なるモノのごとく、下なるモノは上なるモノのごとく。



「オカルト」とは
そもそも「隠されたもの」という意味のラテン語。本コーナーでは、鏡リュウジが気になる「オカルト」的なことをお題に選んで掘り下げていきます。

オカ研File No.45 辛酸なめ子さんと「魂活」を語ります 2
2018/2/1

-----------------------------------------
辛酸なめ子さんと「魂活」を語ります【2】
  辛酸なめ子×鏡リュウジ
-----------------------------------------

辛酸
それは信じていますよ。鏡さんは?


僕はあんまり……(笑)

辛酸
人生は一回で終わりということですか?へえ、そうなんですね。死後の世界とかはどうですか?


うーん。わからないなあ。二つあるんですよ。自分の中に信じてるモードの時と、信じていない時と。普通に日本で育っているので、死んだおばあちゃんが守ってくれている、というような感覚はあります。でもそれがリアルにあるかというと、わからない。矛盾が同居してますね。

辛酸
そうですよね。そもそもお墓参りしているということは、生まれ変わりがないということですものね。


こないだ、水木しげる先生の追悼イベントに行ってきたんですけど、京都の国際文化研究センター所長の小松和彦先生がおっしゃっていたのは、四国のいざなぎ流のシャーマンたちの話しを聞くと、あちこち矛盾だらけなんですって。さっきまで死者たちはあちらの世界にいると言っていたと思えば、生まれ変わってきているといったり。でも彼らはその矛盾を受け入れている、と。日本人というのは、そういう矛盾を受け入れていくものだそうです。

辛酸
なるほど、そういうことですね。たしかに、色んなお祭りも受け入れてるし、今では、ハロウィンなんかもやっていますしね。


はい、矛盾を受け入れていかないと大変なことになりますよね。前世や死後の世界を証明することはできないし。

色んな前世を言われるのもそれはそれで楽しいような感じもします。

辛酸
クレオパトラの6世といわれたことは気に入ってます。有名なクレオパトラは7世だそうですから、わたしのは地味なクレオパトラですね。


いや、十分派手です!(笑)

辛酸
最近スピリチュアル系の女友達と話していたら、過去世で敵対してたことがわかって、ちょっと距離を置かれたりしたことがありました。何も確証はないですが、過去世にはまる人は多いですね。スピリチュアル系あるあるですが、過去世エジプトの神官が大人気とか。

或いは、同じ過去世という人もよくいますね。空海が人気のようでたくさんいます。前世では、空海の弟です、みたいな。最近では、過去世が宇宙人と言われて盛り上がることもあるようです。地球人より高次元なので、ちょっと優越感が。




そうやって過去世を見てもらって、その場は信じて盛り上がる感じなんでしょうか。

辛酸
そうですね。その場では嬉しい感じがしますね。

実際は、この世に普通に生きていて、数週間前に食べたものや行ったレストランも忘れてるのに、過去世なんて覚えているわけではないから、あてになりませんよね。だから覚えている人ってどれだけ記憶力が良いんだろうって思ったりはします。

アニマルコミュニケーターで有名な方がいらっしゃるんですが、その方は、過去世すべてが何回で何をやっていたか覚えているそうです。そしてそのお弟子さんも過去世を見ることが出来て、過去世の人のお墓をつきとめてお墓参りに行ったりもするそうです。


もう、そういう人は生きがいがあって強いですね。絶対にゆるぎがない。

辛酸
ああ、そうですね。それにしても過去世にも先祖がいるからどんどん増えていきますね。

スピリチュアルの世界では、過去世の自分を救出するという話しもよく聞きますね。自分の魂のかけらが落ちているのか、過去世がちなんだ場所にいって救出するんです。


それはもしかしたら、心理療法でいう、インナーチャイルド的なことの過去世版ですね。

辛酸
たしかに、似てるかもしれません。

以前、過去世を調べているお医者さんを取材したことがあります。ご自分があるご病気でまわりの同じ病気の人の過去世も調べていたら、家族全員難病という方がいらしたそうです。その方に退行催眠をかけて過去世を見てみたら、魔女に自分の息子の病気を治してもらったのに、その魔女をパーティーに呼ばなかったせいで、魔女の怒りをかってしまったらしいんです。それが原因で今、その人の家族全員が病気になっているという……。


それはもう、ほぼグリム童話と同じですね。「いばら姫」では、お姫様の誕生パーティーに呼ばれ損なった妖精が魔女みたいに、呪いをかけます。

辛酸
そういうちょっとしたことでも、祟りじゃないですが、現世にさわりがあるようで、退行催眠で魔女に謝ったりしたんでしょうね、きっと。


考えたみたら心理療法で、小さい頃にあんなことがあって、こんなことがあって、それを受け入れるということがあるとしたら、それも実際問題、事実かどうかはわからない話しですからね。過去世といってもいいのかもしれませんね。

物語を作って、狐につかれた、でもいいんですが、そういうことを治療に組み込んでいくことで良くなることもあるかもしれませんね。

辛酸
そうですね、それで解放される人もいて身体症状が消える人もいそうです。

(つづく)

ー 他コンテンツ紹介 ー

辛酸なめ子(しんさん なめこ) プロフィール

辛酸なめ子(しんさん なめこ)
東京都生まれ、埼玉県育ち。漫画家・コラムニスト。武蔵野美術短大大学部卒。スピリチュアルやオカルトの世界を巡り、霊的なマイレージを貯めている。『次元上昇日記』(幻冬舎)、『霊道紀行』(KADOKAWA)など著書多数。

『魂活道場』辛酸なめ子著
http://amzn.asia/esRvkA6
鏡リュウジ占星術

鏡リュウジ占星術TOP
鏡リュウジ占星術公式スマートフォンサイト
鏡リュウジiPhoneアプリ
鏡リュウジ占星術携帯サイト


鏡リュウジ夜間飛行