free top
ランキングタイトル
年明けは水瓶座に滞在していた木星ですが、5月中旬に一度魚座へと移動し、7月下旬には再び水瓶座へと戻ってきます。 『風の時代』であることは変わりませんが、一度魚座木星期間があったことで、前半よりもより多くの人の立場になって物事を考えられるようになるかもしれません。 客観的な視点のなかに優しさが含まれるようになり、優しい雰囲気が社会を包むでしょう。 また、新しい価値観や考え方を受け入れることで、あなた自身の可能性も広がっていきそうです。

パック

恋愛運

仕事金運

対人運