鏡リュウジ公式サイト BETWEEN THE WORLDS

上なるモノは下なるモノのごとく、下なるモノは上なるモノのごとく。








2020/9/17(木)20:00〜22:00
鏡リュウジ×平野多恵「占いのヒミツ 星とおみくじからのメッセージ」『占いはなぜ当たるのですか』(説話社)刊行記念
【Zoomウェビナー】


2020/9/17(木)20:00〜22:00
出演:鏡リュウジ、成蹊大学文学部教授 平野多恵
会場:【Zoomウェビナー】


翻訳家、心理西洋占星術研究家の鏡リュウジさんの新刊『占いはなぜ当たるのですか』(説話社)、『ホラリー占星術』(駒草出版)が相次いで刊行されました。

『占いはなぜ当たるのですか』は、占いを占星術の歴史的背景とロジック的側面から、心理学的側面から、そして著者の半生と実体験から解読した1999年版に、増補改訂として、読者理解促進のための脚注を新録した一冊です。

『ホラリー占星術』は、具体的な質問が誕生したときの瞬間のホロスコープを作成して、その具体的な質問に答えようとする占星術のこと。同書は、鏡リュウジさんが厳選した1冊『HORARY ASTROLOGY PLAIN & SIMPLE』(原題)の邦訳版です。

今回この刊行を記念して、トークイベントを開催いたします。

出演は著者・翻訳者の鏡リュウジさんと、ゲストには成蹊大学文学部教授の平野多恵さんをお迎えします。

「占星術」を研究されている鏡さんと、「おみくじ」や「和歌占い」を研究されている平野さんに、占いが当たる秘密についてお話しいただく予定です。

お楽しみに!

■詳細・お申込みは、本屋B&Bからどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2020/9/2(水)TokyoFM『高橋みなみの「これから、何する?」』ラジオ出演!


2020/9/2(水)13:000〜放送
局:TokyoFM
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」



『高橋みなみの「これから、何する?」』に鏡リュウジがゲスト出演致します。
是非ご覧下さい。

■番組HPは、コチラからどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2020/8/31(月)発売
ホラリー占星術 -入門と実践-アンソニー・ルイス (著), 鏡 リュウジ (監修, 翻訳)


2020/8/31(月)発売
出版社:駒草出版
アンソニー・ルイス (著), 鏡 リュウジ (監修, 翻訳)


星々の動きを写しとった「ホロスコープ・チャート」によって占われる占星術。生まれた日の太陽の位置で見る「毎月の占い」などは、おなじみの人も多いでしょう。
しかし、西洋占星術の面白さはそれだけに留まりません。
あなたがもし「私の鍵はどこ」「?このビジネスは成功するだろうか」「?この結婚生活に何が起きているのか」?などの質問を占星術家の前で口にしたならば、その瞬間、質問は誕生しホラリー占星術の出番がやって来るのです。ホラリー・チャートは万能ではありません。しかし、あなたがやむにやまれぬ思いを胸に、質問を口にすれば、星々はさまざまなヒントを与えてくれます。場合によっては、しばらく時間が経ってから星の象徴の暗示する出来事に驚かされることも。
古典から現代占星術にまたがる多くの占星術家による研究と、幅広い臨床経験を持つ元精神科医である著者アンソニー・ルイスの観察に基づく数々の事例は、それらの質問の中にあるドラマを浮かび上がらせ、人生の奥深さを教えてくれるでしょう。
ホラリー占星術の技法を学びながら、気がつけばその魅力の虜になっているに違いありません。

■詳細は、コチラからどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2020/8/30(日)14:00〜16:00
内なる傷と癒し・カイロン(キロン)の元型と占星術
【Zoom講座】


2020/8/30(日)14:00〜16:00
講師:鏡リュウジ
会場:【Zoom講座】


カイロンを読むことでトラウマや今生のテーマがわかる
現代の占星術でとくに重視されている小さな天体カイロン(キロン)。
1977年に発見された小天体カイロン(キロン)は、
またたくまに占星術の世界に取り入れられ、現在では大惑星並みの扱いをされるようになりました。

現代の英国の占星術においては、ホロスコープには古典的七天体に天王星、海王星、冥王星、
そしてノードにカイロンを描き込むのがスタンダードになっているといえるほど。

それはこの天体が担う元型が、占いやカウンセリング、ヒーリングといった
「援助職」と深く関わっているからのように思えます。

カイロンは自身が卓越した医師、教師でありながら、
自らの傷を癒すことができなかったという実に両義的な存在です。

この元型は心の痛みの奥深さや、また占い師、援助者であることの影の面についても
多くを教えてくれます。

僕(鏡)はカイロンに早くから注目してきました。
今回の講座ではこのカイロンの神話、元型から現代占星術における位置、そして実例を取り上げます。

余裕があれば、同じくケンタウロス天体であるフォルスやネッソスなどについても触れましょう。

占星術のみならず、心理学やセラピー、ヒーリングに関心を持つ方にも
楽しんでいただける内容にするつもりです。

■詳細・お申込みは、アルカノン・セミナーズからどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2020/8/29(土)20:00〜21:00
鏡リュウジ先生+伊泉龍一先生 RYU RYU対談 
【Zoom講座】


2020/8/29(土)20:00〜21:00
講師:鏡リュウジ
会場:【Zoom講座】


鏡リュウジ先生・伊泉龍一先生による占術マニアック深掘りトーク!
夏の終わりの夜に、実現しました夢の対談企画。
日本の占術界を牽引する、鏡リュウジ先生と伊泉龍一先生によるトーク対談をお送りします。

西洋占星術、タロット最新研究報告から、最新の本の話なども含めて・・・脚本なしの本番ライブ!
何が飛び出すのかは、その場の気分次第、どんなマニアックなお話が飛び出すのでしょうか?
先生方の最新の本についての裏話も伺えるかも?

ご参加された方は、ぜひチャット欄を使ってご質問を投げかけてください。
司会者より、両先生にリクエストをお送りします。

■詳細・お申込みは、アルカノン・セミナーズからどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2020/8/20(木)発売
占いはなぜ当たるのですか


2020/8/20(木)発売
出版社:説話社



本書は2002年に講談社から刊行された同タイトルの増補改訂版です。
20代からメディアに登場し、博覧強記の占星術研究家として「占い(占星術)」を探究し、啓蒙し続けてきた著者の初期作品でもあります。
ある人が「信じている」といい、また別の人が「まったく信じていない」という、「占い」……著者はことあるごとに、周囲からこう尋ねられてきました。

「「占いはなぜ当たるのですか」
これまで、何度こういう問いをぶつけられてきただろうか。
「占いは当たるのですか」という問いではない。
「占いはなぜ当たるのですか」だ。
その問いを発する人にとっては、占いが当たるかどうかは、もはや問題ではなくなっている。占いは「当たる」ものなのだ。そして、「占いはなぜ当たるのですか」こそが問いになる。」

しかしその一方で嫌悪的ともいえるぐらいの拒否感を示す人もいるのです。

「「占い」?という一言とともに、哀れむような、あるいはバカにしたような視線をちらりとくれてから、愛想笑いだけを残して去ってゆく人たち。」

そのような体験を重ねる中で、著者は思います。
「これほどまでの関心を集め、またこれほどまでの拒否反応を起こさせる占いとは、どういう営みなのだろうか。
占いは本当に当たるのだろうか。
占いの何が魅力的で、何がいかがわしいのか。
この現代社会のなかで、占いには何ができるのだろうか。
あるいはできないことは」
こうして著者の思索と考証により生み出されたのが本書です。

「この本は、単なる星座占いの本でもないし、またホロスコープの詳細な分析をする教科書でもない。科学的な立場からの占星術批判でもないし、また逆に占星術を布教してその信者を広めるためのものでもない。
現代の占星術という不思議な営み、占星術の位置をできるだけ誠実に紹介することが、この本の目的である。」
(「序章」より)

■詳細は、コチラからどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2020/8/7(金)14:00〜15:30
「占星術は『占い』か?」 英国占術家マギー・ハイドの講演を 鏡リュウジとともに振り返るアフタートークイベント
【オンライン講座】


2020/8/7(金)14:00〜15:30
出演:解説:鏡リュウジ、聞き手:SUGAR
※マギー・ハイドの出演はございません。
会場:【オンライン講座】


ライブの反響が大きく、もっと掘り下げて聞きたいという要望が寄せられたことを受け、2020年8月7日(金)に「占星術は『占い』か?」をテーマにしたオンラインイベントを開催いたします。
ライブに出演された鏡リュウジ本人にマギー・ハイドの語っていた「運命は交渉可能(destiny is negotiable)」とは具体的にどういったことなのか、そして「占いはなぜ当たるのか」などの解説をしていただきます。

聞き手として占星術研究家・SUGARを招き、実際に鑑定のシーンでどう活かしていくのか、鑑定現場の声を交えつつ議論します。今後占い師として活躍されたい方はもちろん、占いに興味がある方はぜひご参加ください。

■詳細・お申込みは、株式会社ザッパラスからどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2020/8/3(月)13:30〜15:00
植物の魔法 ハーブと魔法と占星術の秘密
【Zoom講座】


2020/8/3(月)13:30〜15:00
講 師:鏡リュウジ
会場:【Zoom講座】


植物は、西洋の魔法の伝統でも重要な役割を果たしてきました。ハーブの薬効はもちろん、インセン
スや魔法の杖(ワンド)は自然の樹木を素材としています。そしてそれは占星術の伝統とも深くかか
わっていました。
今回は魔法の伝承のなかの、植物のエピソードをご紹介しながら、植物の魔法についてお話しいただ
きます。

■詳細・お申込みは、生活の木からどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2020/7/28(火)日本時間 19:00〜21:30(途中休憩15分)
中世アラビアの魔術書『ピカトリクス』
【オンライン講座「Zoom」】


2020/7/28(火)日本時間 19:00〜21:30(途中休憩15分)
講師:ライアナ・サイーフ博士
聞き手(通訳含む):鏡リュウジ
会場:【オンライン講座「Zoom」】


ピカトリクス・・・・・・この謎めいた響きの言葉を聞いたことがあるでしょうか?
それは中世アラビアで成立した奇怪な魔術の書物です。望むままに愛をひきつけ、病を癒し、財をもたらし、その気になれば街ごと破壊したりすることができる、魔術の方法がしたためられています。
神々への壮大な祈り、面妖な護符、複雑な手続きの儀式・・・・・・本書からは禁断の魔術が放つ危険な魅力がたちのぼります。
しかし、この魔術書は単なる野蛮な迷信の本ではありませんでした。ルネサンス期の哲学者マルシリオ・フィチーノは、この本を深く研究し健康論の本を著し、ルネサンスの図像にも大きな影響を及ぼしました。またそこにはギリシャ、アラビアの哲学思想の基盤を見ることもできるのです。
その鍵は、星の力を引き寄せるという天と地を結ぶ壮大な思想。
ヴェールに包まれていたピカトリクスへの関心は、日本でもますます深まっています。
とはいえ、ピカトリクスは難解です。一見すると、奇妙な狂気の書にしかみえません。一体この書はどこでどのように生まれたのでしょう? そしてそれはどんな価値をもつのでしょう?
この伝説の書の起源と意義を、ロンドン大学ウォルバーグ研究所の特別研究員で、アラビアの神秘思想研究の第一人者ライアナ・サイーフ博士が解説します。ピカトリクスは、今日の私たちにどんな魔法をかけてくれるのでしょうか?

鏡リュウジ

■詳細・お申込みは、株式会社夜間飛行ミーティンmeetinからどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2020/7/18(土)14:00〜17:00
カイロスの占星術 〜トランジット編〜
【Zoom講座】


2020/7/18(土)14:00〜17:00
講師:鏡リュウジ
会場:【Zoom講座】


鏡リュウジ先生による実践!トランジット解説講座

僕たちはどこから来てどこへいくのか。
それを考えることが人間の特性であるとすれば、
ホロスコープ上に移ろう星影を追いながら、過去、現在、未来のヴィジョンを思い描く占星術こそ
真に「人間らしい」アートである、と言えるかもしれません。

占星術では時間はただ機械的に流れていく無機質なものではなく、
その時その時に「性質」と「意味」があると考えました。

ギリシャ人は機械時計(クロック)で測れるような 均質な時間を「クロノス」、
そしてそのときどきの、固有の意味に満ちた時間を「カイロス」と呼んで区別していました。

占星術の時間はむろん、カイロスです。
占星術でのさまざまな未来予測法はこのカイロスを味わうためのアート。
今回は、もっとも汎用性の高い「トランジット」を学ぶことで、人生の流れを星の視点から見てみましょう。

特に、最近のコンピュータの普及で手薄になっているホロスコープを静止画ではなく
「動画」、一種のモーションピクチャーとして見れるようになるワークに力を入れます。

惑星のおりなす模様があなたの「明日」をどう映し出すのか、じっくり見ていくことにしましょう。
(途中休憩あり)

※Zoomアプリケーションを利用した、ご自宅でのオンライン講座になります。

■詳細・お申込みは、アルカノン・セミナーズからどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 
26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 
51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71
鏡リュウジ占星術
ホロスコープツール

鏡リュウジ占星術TOP
鏡リュウジ占星術公式スマートフォンサイト
鏡リュウジiPhoneアプリ
鏡リュウジ占星術携帯サイト